上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回は夏ということなので、単発でホラーゲームの実況をしてみました!
そしてプレイしたのは、知り合いの方から教えてもらいました海外のホラーゲーム「Which」です。

このゲーム、5~15分ほどでクリア出来てしまうほど短いゲームです。
言葉や文字といった言語が全く出てこないので、英語がわからない方でも安心してプレイできますね。
ただ色々探索して鍵を見つけて行くだけの単純なものでした。

ただ、家の中が常に暗く視界も良くないのでプレイしてると潜在的恐怖が楽しめます。
途中で出てくる首の無いお姉さん(以降ナシコお姉さん)が中々に可愛いのも、
このゲームの見どころじゃないでしょうか。
ただ、視線を一瞬でも外すと傍にいるのは非常に怖い。彼女は良いアサシンになれるよ。


上記に書いたように、今回は一切の言語がないゲームでしたので、
ゆっくりの音声打ち込みに苦労しました。
普段のアサシンクリードやFE3の実況だと音声データが50個以上になることってそうそう無いのですが、
今回の実況で作成した音声は全部で120個超えでした。

なるべく無言にならないように実況するのって難しいもんだなっと改めて感じた瞬間です。
自分でも、よく11分も喋らせることができたものだと感心してしまいます。
今回のゆっくり実況制作で得た感覚を、今後の実況制作でも活かせれる様に頑張って行きたいです。

そんな感じ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。